寒桜が見頃を迎えました!ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン

春の訪れを知らせる花といえば河津桜ですが、河津まではかなり遠くて、周辺の道路や駐車場が混雑して、ただ疲れるだけの旅行になってしまうことがよくあります。そんな人のために「河津桜パーク&トレインフリーきっぷ」などのサービスもありますが、そもそも寒桜が見られるのは河津だけではありません。

伊豆高原もあちこちに寒桜が植えられており、人気の観光スポットのひとつであるニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデンでは、2024年1月19日の段階で寒桜が見頃を迎えているとのこと。

目次

1月下旬頃まで寒桜を楽しめます

ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデンでは毎年、1年中で一番寒いと言われるこの季節を、春色の「寒桜」が彩ります。

今シーズンは、比較的暖かい陽気が多いこともあり例年より少し咲き進みが早く、全体としては1月18日の時点で6分ほど、一部の桜はすでに7分咲き~満開に近い状態となっています。今後の気温にもよりますが1月下旬頃まで楽しめます。

ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデンでこの時期に見られる桜は、「寒桜」という種類で、寒緋桜(カンヒザクラ)と山桜との交配種でになります。植栽がはじまったのが1973年で、現在では約100本の寒桜が城ヶ崎海岸を彩ります。

寒桜の淡紅色の花色はソメイヨシノよりややピンクの色味が濃い印象で、例年は1月上旬頃に咲きはじめ、花の散る2月上旬頃に葉が芽生えます。また毎年、寒桜の開花の時期には多くのメジロが飛来し、花の蜜を吸う愛らしい姿をウォッチングできます。

また園内では、キダチアロエのとんがり帽子のような赤い花や、花壇を彩るキンギョソウやスイートアリッサムなどのカラフルな花々に、ひと足早く春の訪れを楽しめます。この季節ならではの美しい風景に包まれて、リフレッシュしてみてはいかがでしょう。

※写真は全て2024年1月18日に撮影したものです。

ニューヨークランプミュージアム&フラワーガーデン

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次